bs.fukufuki

bookshelf of fukufuki

(備忘メモ)精神医学史(精神療法史)の参考文献

授業で聞いたもの+αです(ほぼ授業の参考文献そのままです、私のオリジナルではありません)。

アンリ・エレンベルガー(著)中井久夫木村敏(訳)『無意識の発見 上/下 - 力動精神医学発達史』

無意識の発見 上 - 力動精神医学発達史

無意識の発見 上 - 力動精神医学発達史

無意識の発見 下 ? 力動精神医学発達史

無意識の発見 下 ? 力動精神医学発達史

膨大な一次資料から、フロイト以前の精神療法の系譜を辿る本だそうです。
著者もそうですが、日本語版の訳者が豪華すぎて目を剥きました。

ピエール・ジャネ『心理学的医学』

心理学的医学

心理学的医学

フロイトの時代に精神病理学の大家であったピエール・ジャネの著作。
ジャネは「精神療法とは、患者の治療に際して心理学を応用することである」と述べたそうです。
ここでの「心理学」が厳密に何を指していたのかは、上の本を読む他ないのでしょう。
精神療法の位置、精神を取り扱う医学はどうあるべきかといった内容…なのかな?

ヒステリーの歴史

ヒステリーの歴史

ジャネ自身については上の本が詳しそうでした。

説得と治療:心理療法の共通要因

説得と治療:心理療法の共通要因

また支持的精神療法の歴史について、ということでご紹介いただいたのが上です。
「支持的精神療法」というとらえどころのないものがいかに確立され、いかに他分野と緊張関係にあるのか(なかでも、臨床心理士の活躍と精神医学からの独立を抜きにこの話題を語ることはできないでしょう)について、個人的には知りたいです。

以下、自分で勉強不足と思った点。
フロイトと同時代を生きたというDuboisが精神分析に対してどのような態度を取ったのか
・日本ではしばしば森田療法の批判対象としてのみ紹介されるDuboisの評価理論の歴史的背景
・動物生気説と催眠療法の密接な関連
MBT(メンタライゼーション理論を取り入れた精神療法)は精神分析的実践なのか
→そのままの文献がありました。参考に上げておきます。
http://www.tiu.ac.jp/about/research_promotion/kiyou/pdf/16_clinicalpsychology_4.pdf

この沼も深そうですね…。精神医学史の一方に強制収容や私宅監置の歴史がありますが、他方、精神分析まわりの歴史は思想史の観点から整理が進んでいるのでしょう。個人的には、近年の臨床心理士の独立と、精神医学−臨床心理学の分離の歴史について、「精神療法」なるものの主導権をめぐる争いとして読めそうだな、というところがあって面白そうだと思っています。まだまだ勉強不足ですが。

ピーター・ピオット『No Time To Lose――エボラとエイズと国際政治』の書評(?)を書きました

bsfukufuki.hatenablog.com

先日書いたこれに関連して、書評風の文章ができたので、載せます。 タイトルは「医師・公衆衛生実践者と人類学者の協働と、医療におけるNBM(Narrative Based Medicine)」で、内容は上記の内容についての、レポート風エッセイです。

↓↓以下リンク↓↓

「医師・公衆衛生実践者と人類学者の協働と、医療におけるNBM(Narrative Based Medicine)」.pdf - Google ドライブ

もしお時間あればぜひ。

大学生活も数年目にして、ようやくリファレンス付きの文章の作成に慣れてきました。 もうちょっとガシガシ読んでガシガシ書きたいです。私のレベルだと読み書きはまず数をこなさないとどうにもならないですし。

医学史の本を探しています

精神医学の歴史に関心があって本を探しています。 見たところ(日本語で)医学史の本を書かれているのが医学プロパーの方・科学エッセイストの方が多く、 内容の歴史学としての巧拙が初学者にはたいへん見分けづらい印象です。 医学面の内容については歴史よりは理解できるので、その意味でも歴史プロパーの方の本なら安心して読めるのですが…。 とりあえずのリストを挙げます。

入門書

学問としての医学史に入門(の入門)をするなら、2冊めの新書が特におすすめです。

まんが医学の歴史

まんが医学の歴史

学習まんが的な通史の本です。

医学の歴史 (サイエンス・パレット)

医学の歴史 (サイエンス・パレット)

歴史家の方らしい記述でした。小さいながら本格的です。

「入門の次の一冊」として検討しているもの

正直、初学者ゆえ巧拙はわかりませんので、類書をかたっぱしから挙げておきます。

医学の歴史 (講談社学術文庫)

医学の歴史 (講談社学術文庫)

医療の歴史:穿孔開頭術から幹細胞治療までの1万2千年史

医療の歴史:穿孔開頭術から幹細胞治療までの1万2千年史

医学の歴史 (中公新書 (39))

医学の歴史 (中公新書 (39))

精神医学の歴史

ここまでくると専門書然とした本が多くなってきます。 個人的に、慶應鈴木先生の論考(『精神医学の歴史と人類学』所収)を読むのをひとつの目標にしています。

精神医学の哲学2 精神医学の歴史と人類学

精神医学の哲学2 精神医学の歴史と人類学

精神医学の歴史 (文庫クセジュ)

精神医学の歴史 (文庫クセジュ)

精神医学の歴史―隔離の時代から薬物治療の時代まで

精神医学の歴史―隔離の時代から薬物治療の時代まで

事典・通史の類

専門的に学ぶなら一冊は必要なのでしょう。どこかの大学図書館に所蔵がありそうなので今のところは、買いはしませんが…。

精神医学歴史事典

精神医学歴史事典

西欧精神医学背景史 【新装版】

西欧精神医学背景史 【新装版】

(備忘録メモ)ピーター・ピオット『No Time To Lose――エボラとエイズと国際政治』の書評URL集

補助線という名の書評URL集です。 とりあえず、「エボラ・エイズの公衆衛生的施策に医療人類学的視点の果たした役割」という視点で読もうかなと思っています…。

miyatak.hatenablog.com

miyatak.hatenablog.com

ピーター・ピオット回想録「ノー・タイム・トゥ・ルーズ―エボラとエイズと国際政治」出版記念セミナー(1) | FGFJ – グローバルファンド日本委員会

ピーター・ピオット回想録「ノー・タイム・トゥ・ルーズ―エボラとエイズと国際政治」出版記念セミナー(2) | FGFJ – グローバルファンド日本委員会

ピーター・ピオット回想録「ノー・タイム・トゥ・ルーズ―エボラとエイズと国際政治」出版記念セミナー(3) | FGFJ – グローバルファンド日本委員会

http://www.agingstyle.com/2015/04/28000225.html?p=all

【私の一冊】『NO TIME TO LOSE:エボラとエイズと国際政治』|Web医事新報|日本医事新報社

ptokyo.org

http://www.nids.mod.go.jp/publication/briefing/pdf/2015/201507.pdf

ironna.jp

http://www.eiken.co.jp/modern_media/backnumber/pdf/MM1602_04.pdf

デジタル・ストーリーテリングと医療人文学(Medical Humanities)に興味がある

最近、デジタル・ストーリーテリングに興味があります。これは ・ナラティブをデジタルなツールを用いて行う という問題領域で、具体的には ・動画や画像など、デジタルツール特有の手法を用いたナラティブの応用展開 ・幅広いツールに現れるナラティブの(既存の「語り」と異なる)特徴の分析 等々があるのかな(と私は思っております)。

日本語文献では以下の本のように、教育の文脈でもっぱら語られているようです。 (ここには載せませんが「デジタル・ストーリーテリング」で検索すると、教育者向けのHPと動画がヒットします)

教育に生かすデジタルストーリーテリング

教育に生かすデジタルストーリーテリング

デジタル・ストーリーテリング―声なき想いに物語を

デジタル・ストーリーテリング―声なき想いに物語を

海外ではもう少し広い文脈で語られているようです。英語圏はDigital Humanitiesも盛んですしね。 訳があるものはこれだけでした。
ジャネット・ホロウィッツ マレー(有馬哲夫訳)(2000)『デジタル・ストーリテリング』国文社.

デジタル・ストーリーテリング―電脳空間におけるナラティヴの未来形

デジタル・ストーリーテリング―電脳空間におけるナラティヴの未来形

洋書ですがこのあたりも基礎的文献のようです。
Jonathan Alexander, Jacqueline Rhodes (2018) The Rotledge Handbook of Digital Writing and Rhetoric (Routledge Handbooks in Communication Studies), Routledge.

また最近、医療人文学(Medical Humanities)についても気になっています。書誌を挙げておきます。
こちらも英語圏中心のムーブという感じです。
おそらく医学を対象に人文学への示唆を得るというものと、既存の人文学の知見を医学に応用するものがあるのではないでしょうか。
後者は医学教育・レジデント教育に役立つという文脈での言及が多いようです(私も特に後者に関心があります)。

以下、参考文献の書誌とamazonページです。
いずれも洋書ですがこのあたりが基礎的文献のようです。

日本語では (こちら)http://bioethics-s-n.up.seesaa.net/image/BSN-8A1CAC2ADCEA9C3D2B9A7A1CB.pdfがMedical Humanities教育について簡潔にまとまっていました。

Thomas R. Cole, Nathan S. Carlin, Ronald A. Carson (2015) Medical Humanities: An Introduction, Cambridge University Press.

Medical Humanities: An Introduction

Medical Humanities: An Introduction

Alan Bleakley (2015) Medical Humanities and Medical Education: How the medical humanities can shape better doctors (Routledge Advances in the Medical Humanities), Routledge.

個人的にはこの二者をさらに組み合わせた実践*1に答えがあるのでは…と思うのですが、文献を探しているところなのでまた見つかったら更新します。

*1:学際的領域をさらに結合するのは、よほどの勝算がない限り学問的実践としては筋が悪いでしょう

(抜書)Dive into Python3 第4章

文字列 - Dive Into Python 3 日本語版

リストから個々の要素を取り出すのとちょうど同じように、インデックス記法を使って文字列から個々の文字を取り出せる。 リストと同様に、文字列は+演算子で連結できる。

私はそろそろ「100本ノック」の準備運動ができる頃かもしれません

  1. 文字列の逆順 文字列"stressed"の文字を逆に(末尾から先頭に向かって)並べた文字列を得よ.
  2. 「パタトクカシーー」 「パタトクカシーー」という文字列の1,3,5,7文字目を取り出して連結した文字列を得よ.
  3. 「パトカー」+「タクシー」=「パタトクカシーー」 「パトカー」+「タクシー」の文字を先頭から交互に連結して文字列「パタトクカシーー」を得よ.

主にこの辺のことである。

追記0102とやってなんと03で詰まりました。タスケテ。できました(+=演算子を忘れていたのと、ifの条件文の文法間違えてました)

">>> import humansize

import sys '1MB = 1000{0.modules[humansize].SUFFIXES[1000][0]}'.format(sys) '1MB = 1000KB'"

 のところで、

sys.modules['humansize'].SUFFIXES[1000][0]は、si接尾語のリストの最初の要素'KB'だ。従って、例に出てきた{0.modules[humansize].SUFFIXES[1000][0]}という置換フィールドは、2文字の文字列KBで置換されることになる。

となっているのだが、ここで0にsysが代入されないのは何故だろうか(文法上、成立しないものが半自動的に弾かれているのか?)

>>>a_string = 'My alphabet starts where your alphabet ends.' >>>a_string[3:-3] 'alphabet starts where your alphabet en'

となっているのがよくわからなかったんだが……と打ちかけて、ピリオドをカウントし忘れていたことに気づいた。

bytesオブジェクトはイミュータブルだ。個々のバイトへ代入することはできない。もし個々のバイトを変更する必要があるときは、文字列スライスと結合演算子(これは文字列と同様に機能する)を使うこともできるし、bytesオブジェクトをbytearrayオブジェクトに変換することもできる。

Python3は、ソースコード(つまり.pyファイル)がutf-8エンコードされていると想定する。 ☞Python2では、.pyファイルのデフォルトの文字コードはasciiだった。Python3ではデフォルトの文字コードutf-8だ。 もしPythonのコードで異なる文字コードを使いたい場合は、文字コード宣言を各ファイルの先頭に書くことができる。

バイトリテラル構文について(参考): qiita.com

文字列に関しては、Python2と3とではいろいろと仕様変更があったようですね。

(抜書)Dive into Python3 第3章

os.chdir()関数は相対パスを受け取れる

相対パス

疑問点

list(humansize_dict.keys())

humansize_dict = {os.path.splitext(f)[0]:humansize.approximate_size(meta.st_size) \
... for f, meta in metadata_dict.items() if meta.st_size > 6000}

このへんの()表記がよくわからなかった。

Jupyter notebookのNotebookモードで

a_dict = {'a':2, 'b':2, 'c':3} {value:key for key, value in a_dict.items()} {2: 'b', 3: 'c'}

になったので、キー・値のセットは前から順に代入されているようだ。

{2**x for x in range(10)} ③ {32, 1, 2, 4, 8, 64, 128, 256, 16, 512}

の解説で

集合内包表記の入力が集合である必要はない。どんなシーケンスでも入力として受けとることができる。

とあったが、range()関数の戻り値は集合ではないということだろうか?

追記

ディレクトリ取得・移動について下記記事がわかりやすかった。 qiita.com